CSS3のcolumnを利用してa-blog cmsで段組をサポートする

エントリーの本文部分を段組したいという事があった場合の a-blog cms のカスタマイズメモです。

例えば、以下のような感じ

2段組

3段組



どのように実装するかというと

管理ページ > コンフィグ > 編集設定 > テキストタグセレクト に、以下のような設定を追加します。


次に、/include/column.html (vicunaのテーマのみ /include/unit.html)の の下くらいに以下のような記述を追加します。

 <!-- BEGIN column2 -->
 <div class="column2">{text}[markdown]</div>
 <!-- END column2 -->
 <!-- BEGIN column3 -->
 <div class="column3">{text}[markdown]</div>
 <!-- END column3 -->

また、CSSのどこかに

  div.column2 {
    column-count: 2;
    column-gap: 20px;
    -moz-column-count: 2;
    -moz-column-gap: 20px;
    -webkit-column-count: 2;
    -webkit-column-gap: 20px;
 }

  div.column3 {
    column-count: 3;
    column-gap: 20px;
    -moz-column-count: 3;
    -moz-column-gap: 20px;
    -webkit-column-count: 3;
    -webkit-column-gap: 20px;
 }

を追加します。

更新用のフォームを表示させると、段落や見出しの選択する欄に2カラムや3カラムというものが表示されるようになります。


このように、標準のシステムのままテンプレートのカスタマイズの範囲でいろいろな事ができるのが、a-blog cms の良さですね。 他にも頑張れば、amazon ってのも作る事ができそうな気がしてきました。 続編をお楽しみに!


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。