これからのCMSマーケットトレンド に参加しました

a-blog cms のパートナーでもある 言問株式会社の藤田さんが fukuoka.php という勉強会で話をする内容を名古屋でもってことで「これからのCMSマーケットトレンドとPHP」という勉強会をベースキャンプ名古屋で開催してくれました。


Craft

藤田さんが最近お気に入りのCMSである Craft の話が最初にありました。フリーのものもありますが、Structures というのが使えないとカスタマイズに色々困るそうなので、$199 か $299 が必要になるとの事です。

WYSIWYG で本文エリアにカスタムフィールドを自由に作っていく事ができ、書きながらプレビューが表示できる感じでした。ブラウザの画面の中でカスタムフィールドの設計が色々できるのがいいんだろうと思う。テーブルのカスタムフィールド部分を参考に a-blog cms のテーブルユニットを用意したいと思いました。

CMSマーケットトレンド

WCM市場 シェア」でググってみると、CMS市場について書いてる記事が見つかるようだ。

日本国内での、3年前は静的CMSが強くシックスアパートがトップであったが、今では動的CMSが伸びていて ミックスネットワークの SITE PUBLIS が売り上げトップになっているそうだ。 Site Publish(サイトパブリッシュ) だと思っていたら サイト・パブリス だった。サイト上には上位版の価格が掲載されていないが、凄い金額なんですよねー。また、海外では、AdobeSitecoreAcquia が上位なんだそうな。

いまどきのエンタープライズCMSについては、編集機能・校正/承認・デジタルマーケティング が大事という事で、zero IT で高速なPDCAを回せるようなシステムが求められるとの事でした。

プレビュー機能についても弱いシステムが多いという事も言っていた。未来の日時を指定してサイトを閲覧できる仕組みは考えていたが、ペルソナを設定してプレビューできるってのも話にあって面白い機能かもしれないと思った。

ユーザー毎にコンテンツの出し分けをしたり、アクセスされた地域から出し分けをしたり、アクセス回数でとか、いろいろやる事があったり、A/Bテストができるようなものも面白い。ユーザー毎に違うコンテンツを出せるようにするとキャッシュができにくくなるので、その部分をどうにか解決して作りたいところですね。

ピンとこないけど、2014年の日本の商用CMS市場は何十億円もあるそうです 。まだまだ Saas ではなく、パッケージのインストール型のものが多いようだし、しばらくは今のスタイルで a-blog cms を頑張っても大丈夫という事のようです。

言問株式会社の藤田さんは、ホントに多くのCMSを知っている。この人に認められる a-blog cms にならないと!って思ってます。頑張ります!

fukuoka.php でのスライド

まったく同じではないですが、似た内容でしたので以下のスライドを紹介しておきます。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

test

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。