MacBook Air 11インチ か MacBook 12インチ Retina どれを買いますか?

今日は見ないで寝てようと思ってたのですが、3時頃に目が覚めてベットの中で Twitter を眺めたらなんだかノート系が予想外の展開だったので起きてきました。

まずは現在の MacBook ファミリーをリストにしてみると以下のようになります。各モデルの一番安いヤツを書きつつ、太字になってるものが新しいモノになります。

  • MacBook Pro 15インチ Retina 2.2GHz Quad-core Intel Core i7 / 16GB / 256GB 224,800円
  • MacBook Pro 13インチ Retina 2.7GHz Dual-core Intel Core i5 / 8GB / 128GB 148,800円
  • MacBook Pro 13インチ 2.5GHz Dual-core Intel Core i5 / 4GB / 500GB 126,800円
  • MacBook Air 13インチ 1.6GHz Dual-core Intel Core i5 / 4GB / 128GB 112,800円
  • MacBook Air 11インチ 1.6GHz Dual-core Intel Core i5 / 4GB / 128GB 102,800円
  • MacBook 12インチ Retina 1.1GHz Dual-core Intel Core M / 8GB / 256GB 148,800円

15インチな私としては、今回は買い替えという事にならず、良かったー!ってところですね。でも、Air 12インチ Retina の予定だった人は、どうするんでしょうね? きっと今日の夕方に聞かれるはずな「私は何を買ったらいいの?」ってところを私の意見を書いてみようと思います。

Pro 15インチは、値上げされているようです!

普段 iPad Air 2 + iPhone 6 とかで MacBook を持ってない人は

一番気になるところが、1.1GHz Dual-core Intel Core M という CPU ですね。CPU の速度が気にならない人、ブラウザが動いて快適に使えればいいという人で、MacBook を買った事がない、普段 iPad Air 2 + iPhone 6 とかな人とか。そういう人が初めての Mac OS X 環境にするってのには、MacBook 12インチ Retina な気がします。色もお揃いで、ゴールドとか買っちゃいましょう。


あとは、iMac 5K とか買ってる人も、MacBook 12インチ Retina 買っちゃいましょう。


私自身も、iPad Air 2 + キーボード にしてみたがあまり使えてない人なので、ちょっとだけ欲しいって思っている事もお知らせしておきます。メインマシンは MacBook Pro 15 Retina で、ちょっと持って出る用ってのが許されるのなら買いますが、許されないですよね。

今、MacBook Air 11 インチで買い替えを検討してる人は

重いから Pro にするのは嫌って言う人は、そのまま使っておくのがオススメで、Retina モデルにしたいがスペックも気になるって事であれば、新しい13インチの MacBook Pro 13 Reina がいいんじゃないかと思います。


一番安い 148,000円のモデルでもいいが、3.1GHz Dual-core Intel Core i7 に、メモリー16GB、SSD 512GB で 254,800円というのもありかもしれません。今、Pro を買う必要がある人は 15インチでなく新しくなった13インチですね。

そういえば +60,000円で 1TB にする事もできる時代になったんですね。でも、今の時代に 30万円のノートはやり過ぎかと思いますけどね。

重い!って言う人は、買い替えずにそのまま使ってましょう。

お金が無いけど軽いマックが欲しい人は

安く!軽く!って事であれば、MacBook Air 11インチを使ってて MacBook 12インチ Retina に買い換える人たちを待ってヤフオクで 中古のMacBook Air 11インチを買うのがオススメです。一定数いる軽いのが正義だ!って人たちが、きっと一斉に手放しますのでヤフオクにどんどん並ぶ事でしょう。

できれば1つ前の Mid-2013 というモデルがいいですね。SSD が PCIe になってるところと、無線LANが 802.11ac に、バッテリーの持ちも随分違います。でも、調べてみると今日の段階では、まだまだ高いですね。

2年前に12万円くらいだったものが5.6万円で売れるのであれば、新品を24回払いで買っても大丈夫な気もしてきます。きっと2年後も現役なハズです。その際にはメモリーくらいは標準より増やしておくといいかもしれません。

最後に MacBook 12 Retina を買う人は


本体の値段だけではなく、もう少し周辺機器にお金がかかる事になります。全てを買う必要はないですが、外でプレゼンをするような用途で利用する際には、プロジェクタの種類が VGA・HDMI どちらになっても大丈夫な準備をすると、それなりの費用がかかる事になります。

ベースキャンプ名古屋」というコワーキングスペースを運営して、勉強会を多く開催している私としては、USB-C Digital AV Multiportアダプタ くらいは買っておかないといけないなって思っています。

MacBook については、ここら辺にして次は Apple Watch について書きたいと思います。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。