2ページ目 | PowerBook

PowerBook G4 の15インチモデルが...

MacBookProの出荷により、15インチモデルが生産終了なのかも。ってのがネットで話題になっていますね。 まぁ、私としては今買うのであれば、MacBookProをおすすめしますが...


今後きっと Universal アプリケーションが増えてくるだろうし、G5の iMac であれば速度の差も大きいかもしれないけど、PowerBook の場合には G4 だし、その分も iMac G5 に比べれば我慢できるんじゃないかと予想しております。 実際には、どうでしょうね?


バッテリーが!!

2005年05月12日(木)PowerBookのバッテリーというのを書いています。 最近、バッテリーの調子が悪い事が分かりました。(T_T) 10月20日に買ったばかりなので、3ヶ月経ってない状態で以下の状態ってのはおかしいですよね?


バッテリーその1(PowerBook G4/1.67GHzに付属)


バッテリーが装着されています: はい
最初の低レベル警告: いいえ
完全充電時の容量(mAh): 1490
残りの容量(mAh): 1489
アンペア数(mA): 0
電圧数(mV): 12547
充放電回数: 49

バッテリーその2(追加で新品を購入)


バッテリーが装着されています: はい
最初の低レベル警告: いいえ
完全充電時の容量(mAh): 3402
残りの容量(mAh): 3391
アンペア数(mA): 0
電圧数(mV): 12473
充放電回数: 196

バッテリーその3(PowerBook G4/1.25GHzに付属)


バッテリーが装着されています: はい
最初の低レベル警告: いいえ
完全充電時の容量(mAh): 1588
残りの容量(mAh): 972
アンペア数(mA): 1719
電圧数(mV): 12467
充放電回数: 454

【追記】


アップルに電話してみました。「パワーマネージャ (PMU) のリセット」してみて下さい。との事でした。 方法を聞くと、


キーボードの「Command」キー、「Option」キー、「Control」キー、パワーキーを同時に 5 〜 10 秒間押したままにします。

という事だったのですが、サイトで調べてみると、



という事のようです。 さっき、やってみたのですがダメだったので、再度、電源アダプタを外し、コンピュータのバッテリーを取り外し、パワーボタンを 5 秒間ほど押して放す。 を実施。 やっぱり同様です。


MJSOFT でディスクの交換キャンペーン

28日までで限定5台に限り、PowerBook G4の内蔵ハードディスクを交換手数料込みで特価で対応してくれるそうだ。 今からでは私自身は遅いけど... 詳しくはリンク先をどうぞ!


新旧15インチを並べてみた

左:1.25GHz / 右:1.67GHz

左:1.25GHz / 右:1.67GHz


1.25GHz と 1.67GHz を並べてみました。外見上の違いは何もありません。何枚か写真を撮ってみたのですが、同じモノが2つ並んでるだけの写真になってしまいました。という事で違いは液晶だけですね。思ってたほど画面の広さの変化は無いかなぁって感じもしますが、明るさが違います。あとは、使ってると文字のサイズがやっぱり小さくなったのとメニューバーが細くなったのはパッと見ても分かりますね。


古い方はリストラグが貼ってあります。このサイト内でハゲハゲで検索すると、以前の状況がご覧になれます。


無事、発売日に!

ビックカメラにて

ビックカメラにて

5%払って3年保証をつけるかってのを悩みましたが、きっと1年後にはインテル買ってるもんね。という事で、1年のメーカー保証のみ。¥244,800 のカード払いで3%ポイント還元 - ¥7,344 という事で ¥237,456なりました。 初代のPowerBook G4 を考えれば安くなった気もします。

でも、デスクトップ買うと、PowerMac G5 2GHzのデュアルコアのヤツが買えちゃうんだよねぇ... 最近はデスクトップでもいいような気がしますが、こうやって電車の中でも普段の仕事環境がそのまま使えるのって捨てられません。


メモリーって?

先日買ったVAIO TypeS と同じメモリーでいいような感じだけど、VAIO を買う時には同じメモリーを2枚使え!って言われたんだけど、PowerBook はどうなんだろ? まだ、そこら辺の情報が無い。 ご存じの方は教えてください。


山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

test

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。