a-blog にWYSIWYGエディタを実装する方法

a-blog 1.6 から openWYSIWYG というものを組み込む事が簡単にできるようにしてあります。 残念ながら、Safariでは動作しないんですが...



普通のブログであれば、大きなエントリーを書くTEXTAREAにWYSIWYG用のJavaScriptを組み込む事になりますが、a-blog の場合には、使っている方はご存知かと思いますが、たくさんのTEXTAREAを生成してしまいます。 そういう仕様であるため、任意に今回はWYSIWYGで書きたいという時だけ、WYSIWYGモードで書けるような仕様になっています。


config.system.php


// [V-02] openWYSIWYG を利用できるように設定する
/* http://www.openwebware.com/products/openwysiwyg/
より各種ファイルをダウンロードし、以下の設定を有効にして下さい。
*/
$wysiwygBtn = "WYSIWYG";
$tagArray['wysiwyg'] = "WYSIWYG";

とする事で、(追加) (変更) (削除) の横に (WYSIWYG) という知らない人はよく分からないボタンができます。 知らない人には使ってもらわない方がHTMLのソースはキレイを保てるので、あえてWYSIWYGのままがデフォルトになっています。


プログラムは config にも書いてある場所からダウンロードしてきて頂いてもいいのですが、今回はこのopenWYSIWYGを日本語化しているところがあるという情報を入手しましたので紹介しておきます。



実際にどんな感じに使えるのかを見てみたい場合には、sampleple.com にログインしてみて下さい。(WYSIWYG)ボタンを見つけられるかと思います。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

#へのリンクは return false;

ユーノスロードスター

lightbox から prettyPhoto に変更しました

a-blogのカスタマイズ勉強会

openWYSIWYG 1.01をダウンロードできるところ

a-blogにはライター一覧を表示する機能があります

a-blogでログイン画面を一般の人にアクセスできないようにする方法

a-blogで月別アーカイブリストを表示させる

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ