基本からしっかり学ぶ a-blog cms のカスタマイズ を書き始めよう!

今月は福岡・大阪と勉強会やオンラインセミナーの初級編と3回の初級編の内容について話をした。人数にして70人ほどになる。最近は company3 をベースにした a-blog cms の紹介を行っているが、これらに参加した人達が次にどうするべきなのか? 現状では、company3 を参考に作ってみて欲しいという回答になってしまう。これをなんとかする方法というか、ドキュメントを書かないといけない気になってきたので、それらについてしばらくは書いていこうと思う。

基本からしっかり学ぶ a-blog cms のカスタマイズ

というタイトルで頑張る事にする。 このブログで書くのではなく、他のブログで書くようにしようかな。場所については未定、まずは、その計画について思いついた事を書いてみる事にする。


スタート用のテーマ「base」

ゴールのテーマ「company3」


そこで作ってみたのが、company3 のテンプレートを index.html だけにして、パーツとしてインクルードもしないようにした base というテーマを用意してみた。とりあえず、CSSファイルについては company3 のものをそのまま利用しているので、モジュールを組み込み、指定の id や class をつける事で、どんどん company3 に近づいていく事ができる。

  • ファイル分割をして各種インクルードを設定
  • ナビゲーションモジュールやトピックパスモジュールの設定
  • top.html の作成(モジュールIDとは)
  • カテゴリー毎のテンプレートを切り替え
  • ブログのカスタムフィールドの設定
  • お問い合わせフォームを追加

初級編のセミナーに参加してない人の事も考えると、

  • モジュールの基礎
  • URLコンテキスト
  • コンフィグで設定できる事
  • テンプレート(グローバル変数や校正オプションについて)
  • テーマの切り替えについて
  • ルールとは

という内容も必要になるかと思う。現在の a-blog cms のバージョンは 1.3.1 だ。この次のバージョンがリリースされて 1.4 になってもカスタマイズの方法としては、この1年で確立されてきたように思う。


ファイルを開く

base (53KB)

とりあえず、暫定版のテーマを用意しました。基本はCSSは一切触らないでもいいようにしたいので、もう少しだけ、仕込みのCSSを追加する事になるかもしれません。

ご意見や、ご要望をコメントや twitter とかでお知らせ頂ければ、きっと頑張れると思います。では!


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

site2014のテーマをマルチブログ化する際に大事なのはテーマの継承とモジュールIDのグローバル化

lp@simple2016 2.7対応版を用意しました

ランディングページ用のテーマ lp@simple2016 を作りました

a-blog cms で A/B テストできる環境を考えてみる その1

a-blog cms の画像ユニットのスタイルとマージンの調整を可能にしてみる

a-blog cms 2.5 で3つのテーマが新しくなりました

WQHD対応のブログテーマ vgrid@blog2014

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ