AjaxZip 2.0 を使って住所を自動入力

a-blog cmscompany1のテーマのお問い合わせフォームに AjaxZip 2.0(郵便番号から住所を検索するJS)を標準インストールにしようかと思っていたのですが、ちょっとファイルサイズが大きいので同梱するのは辞める事にした。 なので、その方法を書いてみる事にしました。



まずは、AjaxZip 2.0 をダウンロードします。そして、以下の場所にアップロードします。 標準で jquery.js は読み込んでいますので、今回は jquery.js や prototype.js は必要ありません。


/js/ajaxzip2/ajaxzip2.js
/js/ajaxzip2/data (ディレクトリ)

これで、ファイルの設定は完了です。

次に、この JS とデータを読み込む設定を


/themes/company1/contact.html


<script src="/js/ajaxzip2/ajaxzip2.js" charset="UTF-8"></script>
<script>AjaxZip2.JSONDATA = '/js/ajaxzip2/data';</script>

を </head>の前に書きます。次は、contact.html で include している form/input.html を編集します。


<input size="12" value="{zip}" name="zip" type="text" />


<input size="12" value="{zip}" name="zip" type="text" onKeyUp="AjaxZip2.zip2addr(this,'pref_code[]','address');" />

のように onKeyUp="AjaxZip2.zip2addr(this,'pref_code[]','address');" を追記します。これでとりあえず、都道府県のプルダウンと住所のTEXTAREAに編集されるようになります。AjaxZip 2.0 のページに設定例がいろいろ書かれていますので、そのフォームにあわせたものは設定を変更下さい。

ここで大事なのは、どこにファイルを置き、そのファイルの置き場をどう指定するかくらいだと思います。AjaxZip 2.0が良く出来ているので、いろいろなフォームで活用できるようになっています。 川崎さん、いいモノを作られていますね。 ありがとうございます。




次のバージョンでは、少し修正したいと思っている事を書いておきます。

今、都道府県が pref_code[] となっていますが、1つの項目のものなので、pref_code である方が正しい記述になると思います。


今回のサンプルのファイルをダウンロードできるようにしました。

AjaxZip 2.0は別途ダウンロード下さい。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

a-blog cms 1.4で搭載される1ユニット更新機能

a-blog cmsの続きを読むをAjax対応にする方法

company3で試すjs-post_inculde機能

a-blog cmsでAjax検索機能を実装 (1.2.2b) その2

a-blog cmsでAjax検索機能を実装 (1.2.2b) その3

a-blog cmsでAjax検索機能を実装 (1.2.2b)

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ