iPhone 6 ・ iPhone 6 Plus 両方使って決めました

iPhone 6 と iPhone 6 Plus を両方使ってみたい!って事で、どちらも数週間使ってみました。その感想と結果を報告したいと思います。

大きな iPhone 6 Plus の横画面はイイ!

やはり Plus の横画面は気に入りました。実際に横に対応したアプリは、まだ少ないですが今後は増えてくると便利に使えそうな感じでした。弊社の a-blog cms for iOS が、まだ Plus 対応してないので対応したいところですね。


あとは、今更なところですが、大きい! です。 また、落としそうで怖いのですが、まだまだケースが出てない。欲しいケースが見つからなかった事もあり、結局は利用している間はそのままで使っていました。なんとなく、Plus の場合には手帳型のケースがいいのかなって思ってます。

iPhone 6 を使う事にします!

まぁ、最初から分かるような気もしますが、今回は iPhone 6 で行く事にします。Apple Watch が出て状況が何か変わる可能性もゼロではありませんが、しばらくは iPhone 6 と iPad mini で行きたいと思います。


iPhone6用アルミバンパー「CLEAVE」

iPhone 4s の時にも愛用していた CLEAVE を iPhone 6 にも採用する事にしました。ちょっと横幅が広くなりますが、Plus ほどじゃないし持ちやすくなり、ストラップも付けられる仕様になっています。


サイトによると、素材はA6063アルミニウム合金で21g、色はレッド以外には、ブラック・シルバー・ゴールド・ミッドナイトブルーの5色設定となっているようです。lighteningケーブルについては口が少し大きくなっているので純正じゃないものでも大丈夫で利用中のものはどれも使えました。(1点、純正の30pinの変換コネクターが使えなくなったので買わないといけない事に)

また、同じような形状なのに5g軽くなったカーボンとのハイブリッド版という製品も出ているようです。私としてはブラックを買う事になるのなら悩むところだったかと思います。

* [CLEAVE Hybrid Bumper for iPhone 6 | Deff Corporation](http://deff.co.jp/product/dcb-ip6a6ca/)

バンパーをつけたのはストラップが欲しかったから ABITAX 614 Anchor Strap

iPhone 5 と iPhone 5s の時には、NETSUKE という本体にストラップだけつけるようなものを利用していました。ストラップがあると安心感が随分増えます。ストラップとしては ABITAX 3612 PhoneStrap を使っていたのですが革が汚くなってきていたので、同じ ABITAX で気になっていたヤツ 614 Anchor Strap にする事にしました。

iPhone 6 を裸で使いたい人には NETSUKE for iPhone 6 / 6 Plus を一度使ってみて下さい。


バンパーとストラップの効果は絶大です

バンパーがついた事からストラップが付けられるようになり、ポケットから iPhone 6 を出す際に落とす心配がなくなり、アンカータイプのこのストラップであれば、指にかけておく事でしっかりホールドされ酔っていたとしても大丈夫な気がします。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

test

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。