a-blog cms のバージョンとアップデートについて

a-blog cms Advent Calendar 2022 の 16日目の記事になります。今回は、a-blog cms のバージョンについて少し書いてみようと思います。

a-blog cms のメンテナンスポリシー

以前は a-blog cms は 2.10.0 がリリースされると 2.9.x でバグが見つかっても、2.10.x の最新版を利用をお願いし、何かあれば最新版へのアップデートが必要な状態でした。

しかし、3年前の 2019年12月 2.11.0 のリリースタイミングで、メンテナンスポリシーを公表し、バグフィックスは 2年セキュリティーフィックスは 5年 と設定され、最長5年はセキュリティー上の問題が見つかった時に新しいバージョンをリリースする体制となりました。

以下にサポートコンテンツにある メンテナンスポリシー の表を転載しておきます。



バージョン 最終バージョン マイナーバージョンリリース日 不具合修正(期限日) セキュリティ修正(期限日)
1.7 1.7.0 2013/06/24 - -
2.0 2.0.1.1 2013/12/18 - -
2.1 2.1.1.4 2014/06/23 - -
2.5 2.5.1.3 2015/04/23 - -
2.6 2.6.1.4 2015/12/25 - -
2.7 2.7.34 2017/03/30 - -
2.8 セキュリティ修正のみ 2018/03/26 2020/03/26 2023/03/26
2.9 セキュリティ修正のみ 2018/10/09 2020/10/09 2023/10/09
2.10 セキュリティ修正のみ 2019/02/28 2021/02/28 2024/02/28
2.11 メンテナンス中 2019/12/17
2022/12/17
2024/12/17
3.0 メンテナンス中 2021/12/24 2023/12/24 2026/12/24

こちらを確認すると、今日の段階では 2.8.x / 2.9.x / 2.10.x がセキュリティフィックス対応のバージョンとなっており、2.11.x / 3.0.x がバグフィックス対応のバージョンである事が分かります。ちなみに、2.11.x については 3.0.0 のリリースに時間がかかった事からバグフィックスの期間を特別に2年から3年に変更されておりました。

2.11.x のバグフィックス版のリリースが終わります

今回のエントリーの一番伝えたいところになりますが、実は明日が 2022/12/17 でバグフィックス対応が終わる日となっております。まだセキュリティ上危険だと判断した修正については 2024/12/17 まで続きますが、バグが見つかったとしても 3.0.x しか修正されなくなります。

そんな今日ですが、a-blog cms Ver. 2.11.56 がリリースされました。(リリースノート)今後は セキュリティーフィックス で 2.11.57 、2.11.58 などはリリースされるので最後のバージョンではありませんが、どこかのタイミングで、3.0.x へのアップデートもご検討ください。


2023年度になると 2.8.x のセキュリティ対応が終了に

また、2.8.x を利用されているサイトについては、今年度末までは大丈夫ではありますが、来年度になるとセキュリティ上問題があっても新しいバージョンはリリースされない事になります。正確な日程としては 2023/03/26 が最終日になります。

今は、セキュリティ上修正したいところが見つかった時には、2.8.x / 2.9.x / 2.10.x / 2.11.x / 3.0.x の 5つのバージョンをアップデートしています。多くのバージョンを並行してサポートしていくコストもありますので、この点はご了承いただきご利用ください。

ライセンスのバージョンアップ費用について

a-blog cms は 1.0 から 2.10 までバージョンアップに費用をいただいておりませんでしたが、上記のように古いバージョンもしっかりサポートするためにアップデート時に 11,000円(税込) の費用をいただく事になりました。

a-blog cms は現在、セマンティックバージョニングを採用しております。上記のアップデートに費用がかかるものは、メジャーバージョンアップとマイナーバージョンアップというところになり、パッチバージョン については費用がかかりません。

また、アップデートについては1年間分の権利として提供していますので、今日 3.0.x にアップデート費用をお支払いして、1年以内の 2023年夏に 3.1.x にアップデートする際には、追加で費用はかかりませんのでご安心ください。


PHP のバージョンについて

バージョンアップを考えないといけない時の一番多くは、利用している PHP についてサーバー側の PHP サポート終了のタイミングでしょう。

  • PHP 7.4.x対応 については、Ver. 2.11.15 以降である必要があります。
  • PHP 8.0.x対応 については、Ver. 3.0.0 以降である必要があります。
  • PHP 8.1.x対応 については、Ver. 3.0.12 以降である必要があります。

2.11.x の場合については、ionCube Loader の設定も変更が必要になりますので注意ください。3.0 から ionCube Loader が廃止されているのでアップデートが少し楽になりましたね。

アップデートに注意が必要な時があります

12/10 の a-blog cms Advent Calendar 2022 すずきカレー さんのポッドキャスト「a-blog cms★のんびりラジオ 2」の中でも話題に出してもらえていた「各バージョンのアップデート変更点まとめ」を参考にしてください。


バージョンアップをしている際に、前のバージョンとの互換性がなく、設定の修正やテンプレートの修正が必要になる事があります。

クライアントさまに、11,000円の費用がかかる事に加えて、少し作業やチェックが必要になる分もコストを考えつつ、アップデートをご検討ください。この点はご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

パッチバージョンは最新にしよう!

管理画面 /bid/1/admin/update/ からバージョンアップは簡単にできます。ぜひ、ご利用のバージョンで新しいパッチバージョンがリリースされていたら(今すぐ更新)から新しいバージョンをご利用ください。

管理画面上でも修正点は確認できますし、リリースノートのページ にもアップデート内容は掲載しております。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

a-blog cms 1.4b にアップデートする際に気をつける事

今年用意した初心者のための a-blog cms コンテンツ

a-blog cms で Tweet の引用をブログにお手軽に実装する方法

a-blog cms の TimePicker をアナログ時計UI にする方法

エントリーコードから %{CUSTOM_USER_ID} を作るカスタムグローバル変数の作り方

a-blog cms Ver.3 がリリースされました!

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ