PLESKのマイグレーション

PLESKのマイグレーションの利用方法について、メモとして残しておきます。


まずは、サーバのリンクをクリックし、サーバー全体の設定画面を表示させます。


次に、マイグレーションマネージャをクリックして下さい。


どこから作業をするのかが分かれば、後は引っ越し元のIPを設定して、rootのパスワードを設定する事で簡単に引っ越しが可能です。

1点、rootでFTPやSSHを許していないサーバーの場合には、rootのパスワードを設定してもエラーになってしまいます。 以前、利用していた appleple.com のサーバーは cobalt だったので、root での引っ越しはできませんでした。 さらに sudo も利用できず、新規に sudo を cobalt 側にインストールしてマイグレーションする事になります。


ちなみにマイグレーション可能なサーバーですが、以下のものになります。本当に出来るのかは...


  • Alabanza (experimental)
  • CommuniGate Pro (experimental)
  • Confixx 1.65, 2, 3
  • Ensim 3.5.x, 4.0.x, 10.x
  • Hsphere 2.4.2
  • Plesk 1.3.x
  • Plesk 2.5.x, 5.x, 6.x, 7.x, 8.x
  • Cobalt RaQ2
  • Cobalt RaQ3
  • Cobalt Raq4, XTR
  • Caobat Raq550
  • Slash
  • cPanel 9, 10, 11
  • Generic agent (NG experimental)

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

さくらの石狩データーセンターに見学に行ってきました

CPI ACE01 でバックアップしてもらえるのは70,000ファイルまで

CPI ACE01 2015 のサーバー環境で気をつける事

エックスサーバーでの ionCube Loader の設定について調べてみた

[注意]ロリポをPHP5にするとa-blog動きません。

アイルのサーバでa-blogを動かす方法

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ