Snow Leopardの64ビットモードではParallels Desktopが動きません

Mac OS X 10.6 Snow Leopardに皆さんはアップグレードしましたでしょうか?

まず、最初の感想です。この雪豹のパッケージは好きじゃない。雪豹だからって雪のせないでもいいじゃない! Googleの画像検索で見る雪豹

少し心配なのでアップグレードしてからタイムマシーン用の外付けディスクを外して10.5の環境に戻れるようにした状態で、もう少しで24時間が経とうとしています。このまま仕事で使っていけそうな感じであれば、アップルップルの皆さんの分も買っていこうかと思っています。


これと言ったトラブルもなく問題無さそうな感じなので、このまま継続して使っても大丈夫ではないかと思っています。1点、話題の64ビットモードというヤツですが、まだ使えない感じのようです。



64ビットモードの際には残念ながらParallels Desktop 4.0.3844が起動できないようです。32ビットモードにすれば動きました。上記の画面までは出てきましたが、以下のようなメッセージが表示されWindowsを起動できません。




私が使ってるメインのWindows環境なので、残念ですがしばらくは32ビットモードで使っていこうと思います。


追記

コメントにもあるように、現在は 64bit で動作するバージョンがリリースされています。 メーカーの迅速な対応で安心して使っていけますね。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

AppleK for Parallels を使えば英数かなキーが使えます

Parallels Desktop 3.0 for Mac が $39

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ