a-blog cmsで特定のページのみ文字コードを変更する

最近のサイトは、よっぽどの理由がない限りUTF-8で作っていますが、なぜかShift-JISでないと処理できない決済システムがいくつかあるようです。相手のあるWebサービスなので、いろいろな文字コードに対応して頂きたいものです。

と、言っても簡単に対応頂ける事ではないので、利用者側がシステムにあわせる必要があります。基本的なページはUTF-8で運用している場合には、管理ページ>カスタマイズ管理>コンフィグ>出力設定に以下のように設定してあります。



テンプレートファイルには


<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=%{CHARSET}" />

と書いておく事で、簡単にシステムの文字コードを管理ページで変更できます。では、以下のように文字コードが指定してあった時には、どうなってしまうのでしょう?

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />

a-blog cms では、上記のMETAタグに書かれている文字コードを優先して出力するようになっております。ですので、文字コードを特定の1ページのみ変更したい場合には、そのページのMETAタグでの文字コード指定を

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift-JIS" />

のように指定する事で、無事解決する事ができます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

エントリーコードから %{CUSTOM_USER_ID} を作るカスタムグローバル変数の作り方

a-blog cms Ver.3 がリリースされました!

a-blog cms のデータを簡単にサーバーから引っ越しするためのツールを作ってみた

a-blog cms で会員制コンテンツを作り、ログイン前はモザイク画像でチラ見せする実装を解説

a-blog cms Training Camp 2021 Autumn を開催しました

イベント用のモジュールの仕様を妄想してみた

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ