顔ラボのAPIを使ったサンプルを作ってみた

APIからは、顔の場所と目の位置が知らされるので、キャプチャのような感じの画像を生成できる。もう少し時間をかけると、もう少し面白いものができるかもしれないと思った。


写真がデジタルになって、撮った写真を写ってる本人に渡す事が少なくなったと思うんだけど、こういうカタチであれば、Web上に載せて、自分が写ってる写真のコレとコレのデータ欲しい!って言えるものができるんじゃないかと思う。 時間があったら続きで作ってみるが今月は無理!


「顔ラボ」面白いかも

FUJIFILMのやってるサイトで写真のURLを送信すると、XMLで顔の位置を返してくれるAPIなんだそうです。ちょっと、これを使って何か作ってみたいと思ったりしています。

何かできたら、また報告します。



RSS 2.0 Login