Eye-Fiと一緒に使いたいPHS300


D90 + Eye-Fi と来たら、次は PHS300 が欲しいところだ。 回線に emobile を利用できるモバイルルータという製品です。


以前は個人輸入という事で大変でしたが、今なら普通に日本の代理店や amazon で買う事も可能なので入手する事は随分楽になりました。


Eye-Fi は、ルーターと一緒じゃないと使えないので、出先からのアップロードを考えると、このPHS300がとってもいい選択肢になるんじゃないかと思います。 また、iPhoneではなく iPod Touch を使ってるという人には、さらにオススメです。どこでも iPod Touch でネットに繋ぐ事ができるようになります。



amazonのページには


PHS300はHSDPA電波をそのままWiFiに出力。従来の無線LANとは違い、移動体通信網さえあれば自分自身がモバイルWiFiアクセスポイントになり、充電可能なバッテリーにより長時間WiFiを利用できる。
プラグ&プレイで簡単に、そしてすぐに接続可能。USBモデムやUSB対応携帯電話と接続し、ノートPCからPHS300をセットアップすることで利用できる。また、PHS300はハードウェアルータなので、スマートフォンにソフトをインストールしてAD-HOC型ソフトウェアルータとして使うような煩わしさはなく、簡単にWiFi接続できる。
WEPまたはWPAを使うことでセキュリティを操作可能。予期せぬ相手からのアクセスを拒否して安全に使えるので、ビジネスでの使用にも十分耐えることができる。また、「PHS300」1台で、最大16台の端末をネット接続することができるので、大人数でオンラインゲームを楽しむときにも活躍できる。

と、書かれている。16台というところがもう少しつなげられると嬉しいところ。 実際のところ、何台接続できるかテストしてみたい。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

test

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。