MacBook Air から MacBook Pro 15 に買い換えて1ヶ月半の感想を書いてみた

MacBook Pro 15インチを購入して1ヶ月半くらいが経ちました。購入しての変化を少し報告しておきます。もう少し早い段階で移行するべきだったかもしれません。少し反省しつつ書いていきます。

購入したもの


現行モデルを整備済み品で少し安く213,800円(定価:251,800円)で買っています。箱が新品を買った時より残念な感じの箱でしたけど、売ってれば整備済み品もオススメです。

MacBook Air の頃も512GBのSSDでしたが、全てのデータを移行する事はしないかったので、SSDは全然使われていません。何が入ってたんでしょうね?



Thunderbolt Display を使わなくなりました


今、壊れてしまって使っていないのですが、壊れる前から利用しなくなりました。

2880x1800を1440x900で利用するRetinaディスプレイですが、普段は1920x1200で利用する事が多く1440x900のRetinaで表示させる事がほとんどありません。どうしても広いデスクトップが必要な時には、2560x1600 の表示が可能な設定にして使う事もあり、そうなると Thunderbolt Display よりも広いエリアを単体で可能になった事になります。


1920x1200より広く表示させる際には、QuickRes 4.0 というアプリをインストールして使っています。 MacBook Pro 15 Retina は 2880x1800 が実際のピクセル数のようです。細かいですが、見えない事はないですね。

$4で有料ですが、この広さが手に入るのなら安いもんです。(無料でいいのがあれば、お知らせください)


Retina 対応を考える事ができた


MacBook Pro の Retina が発売されて随分経ちますが、どんな感じに見えるのかは実機が無いと体験する事ができません。社内に誰も使ってる人がいなかったので、a-blog cms の Retina 対応を考える事ができていませんでしたが、先日対応を考えて実装する事ができました。

これが私の買い換える一番の理由で、使っていないと考えもしない部分を前に進める事ができ良かったと思っています。



皆さんの気になる重さとか


15インチのノートなので、重いと思って持ち上げると以外と軽い気がします。 これまで使ってきた15インチノート8台の中で一番軽いので全然大丈夫です。サイズについては、普段使っている ひらくPCバッグ にギリギリ入っています。そろそろ鞄は新しいのが欲しいと思っています。オススメなのはありますかね?

ACアダプタが45Wから85Wになって随分大きくなりましたね。ACアダプタは普段は持ち歩かないので、家に MacBook Pro は毎日持って帰りますが、ACアダプタは置いて帰っています。なんとか平日はこれで大丈夫なくらいバッテリーが持ってるみたい。土日の事を考えると ACアダプタを買い足さないといけない。純正のアダプタって高いですねぇ...

結論!

MacBook Air 13インチから、MacBook Pro 15 Retina への買い替えは正解だったという事になります。社内に Retina の Mac が私の一台しかない状況なので、これを改善するべく iMac が Retina になったら1台買ってもいいなぁーって思ったりもしています。

そして、13インチでなく、15インチを買ってよかった! デスクトップの広さは正義です。

 

※このところ、amazon のリンクをつけてみています。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

test

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。