店内からのアクセスがあった時のみ表示させるタッチモジュール ( Touch_Ip )

ベースキャンプ名古屋のサイトで、会員紹介のコンテンツを用意し店内からのアクセスの時にだけ表示させたいという要望が出てきました。最近できた IFブロック ではテンプレート上に $_SERVER['REMOTE_ADDR'] の中身(アクセスしてきている人のIPアドレス)を表示させる事ができないので、今回はオリジナルのタッチモジュールを作っての対応する事になります。


「店内からのアクセスがあった時のみ表示させるタッチモジュール ( Touch_Ip )」の続きを読む

a-blog cms で ATNDもジュールを作ってみる その4(モジュールID化の方法)

モジュールの管理ページが用意できたら、それをモジュールIDが利用できるようにしてみる事にします。「モジュールID化の方法」というと難しく感じるかもしれませんが、これも a-blog cms ならでは簡単に対応する事が可能です。


「a-blog cms で ATNDもジュールを作ってみる その4(モジュールID化の方法)」の続きを読む

a-blog cms で ATNDもジュールを作ってみる その3(管理ページでのID設定)

その1 で a-blog cms のモジュールは用意できてしまっていますが、そのモジュールの設定をブラウザ上からできるようにするというのが今回の目標となります。a-blog cms のカスタムフィールドが分かる人であれば、簡単に管理ページを新規に作成する事が可能となります。

モジュールの名前から管理ページのアドレスやファイル名は自動的に決められてくる事になります。今回のモジュール名は Api_Atnd_EventsUsers という名前になっていますので、似たモジュールでどういう感じなのかを調べてみる事にします。

Yahooウェブ検索 ( Api_Yahoo_WebSearch ) を例に見てみましょう

サイト内検索をシステム標準のモノを使うのではなく、YahooのApiを利用して検索した結果をモジュールで表示できるようにしたものです。

モジュール名:Api_Yahoo_WebSearch
管理ページのURL:http://設置先/bid/1/admin/config_api_yahoo_web-search/
テンプレート:/themes/system/admin/config/api/yahoo/web-search.html

「a-blog cms で ATNDもジュールを作ってみる その3(管理ページでのID設定)」の続きを読む

a-blog cms で ATNDモジュールを作ってみる その2(post_includeの活用)

a-blog cms には、Ajax を利用してページを表示後に、別のコンテンツを読み込む事ができる post include という機能が標準で実装されています。これを利用すると、その1 で問題になっていたキャッシュ部分が少し改善させる事が可能になります。

では、なぜ post include 機能を利用するとキャッシュの問題を少し改善する事ができるのでしょう?

  1. サーバ上に作成される各ページのキャッシュにはATNDモジュールは無い状態でキャッシュされる事になります。
  2. ATNDモジュール部分の小さなパーツは、単体でキャッシュされる事になります。

「a-blog cms で ATNDモジュールを作ってみる その2(post_includeの活用)」の続きを読む

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。