Windowsのローカル(USBメモリー)でa-blog cmsを動作させる

Windows のローカルで a-blog cms を動かす方法をメモっておきます。来週には公式サイトのコンテンツもメンテナンスしたいと思います。さらに、USBメモリーにインストールし、勉強会の時にローカル環境が無い人に貸してあげられるようにしてみます。

今回は XAMPP ではなく XAMPP Lite をインストールします。私自身がダウンロードする先が分からずに随分悩みました。どうやら、これを書いている今は、最新版の1.7.4にはLiteが無いようです。Source Forge より1.7.3 の xampplite-win32-1.7.3.exe をデスクトップにダウンロードして解凍します。

解凍したフォルダを USB メモリの第一階層に移動し、E:¥xampplite¥xampp-control.exe をダブルクリックして、Apache と MySQL をスタートさせます。ブラウザで http://localhost/ にアクセスすれば、まずは第一段階のローカルでサーバの動作が確認できるかと思います。

次に、a-blog cms を動作させるためには、ioncubeローダー をインストールする必要があります。解答したフォルダを E:¥xampplite¥php にコピーします。そして、 E:¥xampplite¥php¥php.ini の最終行に

zend_extension_ts = "E:¥xampplite¥php¥ioncube¥ioncube_loader_win_5.3.dll"

を追加します。

php.ini を修正した際には、Apache を再起動する必要があります。サーバ側の基本的な環境の準備は終わりになります。

次は a-blog cms をインストールです。 ablogcms フォルダと install フォルダのファイルを htdocs にコピーします。 htaccess.txt をリネームして .htaccess にする必要がありますが、Windowsで簡単にドットで始まるファイルを作る事ができないので、FTPソフト等でファイル名を変更するのが簡単でおすすめです。

あとは、http://localhost/ にアクセスすれば、インストール画面が表示されます。 ここからは、a-blog cms をインストールする を参考にして下さい。XAMPP のデフォルトの設定では、MySQLの root のパスワードは設定する必要はありません。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。