AIM Developers

AOLはインスタント・メッセージングサービスへの幅広いアクセスを目的とした取り組み「Open AIM」について明らかにし、同社のIMプラットフォームに対応したプラグインやカスタム・クライアントを開発するためのソフトウエア開発キット「AIM Software Development Kit(SDK)」を無償提供する事になったそうです。


MacOSXで標準のiChatでも利用しているAIMですが、これがもっと使いやすくなるといいですね。 まずは、Web上にステータスを公開できるようにしたいと思っていますが、AIM(R) Presence をチェックしてみようと思います。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

プライスボートを略して「プラボ」

Yahoo!ログールというサービス開始

a-blogの利用で ECS 4 の Subscription ID は必要?

a-blog の amazon 機能をアップデート

Google Maps も日々進化しているようですね

Amazon アソシエイト ECS 3.0 サービス終了のご案内

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ