a-blogにrel="canonical"を追加する

Google、Yahoo!、Microsoftの検索エンジンが <link rel="canonical" ... > というタグのサポートを開始したそうです。これを設定する事により、以下のページを検索エンジンが同一のモノとして処理してくれるようになります。



rel="canonical" で検索してみると以下のようなページがヒットします。



そこの情報をメモっておくと、


  • これは絶対的なものではなく、あくまでヒントとして活用される。
  • href属性には相対パスを与えることも可能。baseタグとあわせた相対パス指定も認識される。ただし絶対URLが推奨されている。
  • rel="canonical"で与えられるURLのページは存在することが望ましい。
  • rel="canonical"で与えられた先でさらにrel="canonical"が指定されていても問題ない。
  • 異なるドメインのURLを指定することはできない。
  • rel="canonical"は 301 リダイレクトと同等に扱われる。Googleの場合 PageRank などの情報も引き渡される。

そこで本題です。 a-blog を利用する際には、どうするかを考えてみると news.tpl.html の<head>タグの中に


<link rel="canonical" href="https://kazumich.com/index.php?ID={newsID}"/>

のようなタグを追記しました。これで、1記事表示させた際のアドレスは1つにし、サイト内の重複コンテンツを防止対策が1つできたのではないかと思います。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

GoogleやYahooの検索結果の8つのサイトリンク

link rel=&quot;canonical&quot;によるURL正規化タグについて

iPhoneでa-blogのGoogleMapsも改良!

ユーノスロードスター

lightbox から prettyPhoto に変更しました

Local Search Control ( Google Maps API ) の利用

もしかして: a-blog

機械翻訳はスパム行為なの? 適切なマークアップを調べてみた

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ