iPod shuffle (3rd generation) と VoiceOver


昨晩、iPod shuffle (3rd generation)が発売になりました。私としては前のモデルの方がいいかなぁって思うのですが、新しいテクノロジーには触っておかないと!って気もするので機会があれば新しい方を買う事になるのかもしれません。


そんなshuffleですが、VoiceOver という曲名、アーティスト名、プレイリスト名を読み上げてくれる機能が搭載されました。 これはとてもいいニュースで、このshuffleでテキスト情報の読み上げができるようになったという事は、次のMac OS Xでは日本語の読み上げもOSレベルで可能になるという事になるでしょう。

とっても、楽しみな感じですね。 Snow Leopard の発表は WWDC 2009 という事なので、もう数ヶ月です。 それくらいの時期に私のメインマックを買い替えを予定したいと思います。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

Mac で Hosts.prefpane が動かず困っている方へ

iPhone から送った写真が HEIC で困る時に使う変換アプリを作る方法

OS X 無料版の MAMP で PHP のバージョンを標準から変更する方法

El Capitan のライブ変換をオフにしてタイピングを快適にする方法

iPod touch用のネックストラップは何故無いのか?

Coda 2 を社内共通で使えるエディタになりました

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ