a-blog にWYSIWYGエディタを実装する方法

a-blog 1.6 から openWYSIWYG というものを組み込む事が簡単にできるようにしてあります。 残念ながら、Safariでは動作しないんですが...



普通のブログであれば、大きなエントリーを書くTEXTAREAにWYSIWYG用のJavaScriptを組み込む事になりますが、a-blog の場合には、使っている方はご存知かと思いますが、たくさんのTEXTAREAを生成してしまいます。 そういう仕様であるため、任意に今回はWYSIWYGで書きたいという時だけ、WYSIWYGモードで書けるような仕様になっています。


config.system.php


// [V-02] openWYSIWYG を利用できるように設定する
/* http://www.openwebware.com/products/openwysiwyg/
より各種ファイルをダウンロードし、以下の設定を有効にして下さい。
*/
$wysiwygBtn = "WYSIWYG";
$tagArray['wysiwyg'] = "WYSIWYG";

とする事で、(追加) (変更) (削除) の横に (WYSIWYG) という知らない人はよく分からないボタンができます。 知らない人には使ってもらわない方がHTMLのソースはキレイを保てるので、あえてWYSIWYGのままがデフォルトになっています。


プログラムは config にも書いてある場所からダウンロードしてきて頂いてもいいのですが、今回はこのopenWYSIWYGを日本語化しているところがあるという情報を入手しましたので紹介しておきます。



実際にどんな感じに使えるのかを見てみたい場合には、sampleple.com にログインしてみて下さい。(WYSIWYG)ボタンを見つけられるかと思います。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

test

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。