a-blog cmsでphpのプログラムを実行させる方法

簡単な話ですが、config.server.php にプログラムを追記する事で、phpのプログラムを実行する事ができるようになります。先日の a-blog cms の勉強会の際に、http と https の振り分けをするプログラムを自分で用意したいという話を聞き、その際にはモジュールを作って埋め込む事で対応するような話をしましたが、もっとお手軽に config.server.php にプログラムを追記する事もできます。

例えば、ココのブログでは以下のように書いてあります。

<?php
	
	if ($_GET['ID']) {
		$url = "http://".$_SERVER['SERVER_NAME'];
		$url = sprintf("%s/entry-%d.html",$url,$_GET['ID']);
		header ('HTTP/1.1 301 Moved Permanently');
		header( "Status: 301 Moved Permanently" );
		header("location: $url");
		exit;
	}

define('DOMAIN', 'kazumich.com');
... (以下略)

以前、a-blog で運用されていましたので、http://kazumich.com/index.php?ID=5252 のようなリンクがあった時にURLを変換している処理になります。

if ( $_SERVER['REMOTE_ADDR'] == '**特定のIPを指定**' ) {
    define('DEBUG_MODE', 1);
} else {
    define('DEBUG_MODE', 0);
}

こんな記述を最後のデバッグモードの指定にする事で、一般に公開している時にはデバッグモードをOFF(0)にしているが、公開しているサイトのメンテナンスをしている時にキャッシュが効かないようにしたいという事で、自社のネットワークからだけデバッグモードをオン(1)にするような事を書いて作業するような事もあります。こうすると管理画面上にキャッシュを削除するモジュールが動かなくなるので普段からの設定というよりは一時的な運用で利用下さい。

今回の方法は、config.system.php を読み込んだ際にphpを実行するという事になるので、プログラム的にはDBにも接続する前の段階になります。実行タイミングをご理解頂き、使えるところでご利用下さい。

自分でモジュールを作ってみたいという場合の参考エントリーです


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。