a-blog cms オリジナルのサイトのインストールデータを作る方法

a-blog cms のオリジナルテーマを作ろうと思った際に、モジュールIDやコンフィグのデータも一緒じゃないと使えない事も多いのではないでしょうか? 1.5.xでインストールしているsiteのテーマっぽいオリジナルのモノを作る方法という事になります。

現状のsiteのインストールデータがどんな構成になっているのかをまず確認してみましょう。


  • /setup/bin/site/archives
  • /setup/bin/site/site.yaml
  • /themes/site

archives についてはsiteのテーマで利用されているarchivesデータをそのまま setup/bin にコピーします。 site.yaml についてはエントリーのデータや、コンフィグのデータが入っています。テキストファイルですので、一度開いてみてみてもいいかと思います。

という事になりますので、オリジナルのテーマが sample というモノであれば、以下のような構成で用意する事になります。

  • /setup/bin/sample/archives
  • /setup/bin/sample/sample.yaml
  • /themes/sample

少し、注意する事があります。できるだけ余分なデータを含まないようにして下さい。例えば、モジュールIDの設定だけインストールされていればいいのであれば、コンフィグの設定は触らない(一度も保存をしてない状態)方が余計な情報をエクスポートしない事になります。配布用のデータを作る際には、新規にインストールして、そこに設定をつくっていくような事をした方がいいでしょう。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

test

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。