silhouette CAMEOをIllustratorで利用する

随分前に買ったグラフテック社のカッティングプロッター silhouette CAMEO を Mac OS X の環境で Adobe Illustrator のアプリから利用する方法を書いておきます。

ハードウェア silhouette CAMEO

利用可能なカッティングシート幅は12インチ(304.8mm)までとなっており、長さは 3000mm までの長さのモノを切る事が可能です。Windows だけでなく Mac OS X にも対応しています。 2.5万円くらいで購入する事ができるカッティングプロッターの入門機という位置づけの製品になります。

ソフトウェア Cutting Master 2 for Craft ROBO

付属のソフト silhouette Studio というものもありますが、ベクターデータを扱うのであれば Adobe Illustrator で使いたいですよね。日本語の公式サイト上には使えるという事は書かれていませんが、イギリスのグラフテック社のサイトからダウンロード可能な Cutting Master 2 for Craft ROBO を利用する事が可能という事です。以下のURLからダウンロード可能です。

使い方

Adobe Illustrator を利用してパスで絵を描きます。切るシートは単色なので2色で描き、線ではなく塗りでパスを用意して下さい。


ファイルメニューの Cutting Master 2 for Craft ROBO から カット・プロット を選択するとカットの画面が表示されますので(送信)をクリックすると切る事ができます。

初回のみ、デバイス設定画面が表示されますので Craft ROBO cc300-20 を選択して下さい。

完成!

切り終わってから必要無い部分をぬいていきます。これが結構大変です。MacBookの裏って結構いいスペースだと思いませんか? 今回の写真は、蒼穹工房@makotok1 さんの協力でした。


自分で作るには

ベースキャンプ名古屋 に、silhouette CAMEO はありますし、Mac も Adobe Illustrator も使えます。データと好きな色のカッティングシートを準備してお越し下さい。カッティングシートは名古屋駅の東急ハンズに売っています。

10:00 - 18:00 まで利用で 1,000円、2時間 500円の利用料金のみで、silhouette CAMEO は無料で利用可能です。受付スタッフに「カッティングシート切りたいんですけど」って言ってもらえば貸してもらえます。



コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。