a-blogの利用で ECS 4 の Subscription ID は必要?

ECS 3 の頃はデベロッパー・トークンというIDがあり、それを設定して一般にダウンロードして利用して頂いていました。この4月からは ECS 4 という仕組みでないと動作しないという事で、Subscription ID というのを取得し、これは個々に取得しないといけないのかと思っていて、どうしたもんだろう?って思っていました。


Amazon Web サービス FAQ


登録ID(およびデベロッパー・トークン)について

6) 他の開発者やユーザーが利用できるようなソフトウェアを開発した場合、自分の登録IDを埋め込むべきですか、それともそれぞれのユーザーが登録IDを指定できるようにすべきですか?

必ずしも他のユーザーが登録IDを指定できるようにする必要はありません。むしろ、そのソフトウェアの利用状況を計測できるように、登録IDは固定しておいたほうがいいでしょう。

というのを見つけました。今回の subscription ID も同様なのか、ご存知の方はいらっしゃいますか?


「a-blogの利用で ECS 4 の Subscription ID は必要?」の続きを読む

a-blog の amazon 機能をアップデート

3月31日で利用できなくなってしまう予定の(amazon)ボタンですが、4月1日からも使えるバージョンの準備ができました。


PS3用の車のゲームはどれがオススメ? のエントリーにある4つのゲームの下2つが新しいバージョンで追加してみました。 現在はラジオボタンでの選択なので1つしか1回の作業で追加できないのですが、複数をまとめてできるようにしようかと思い作業を途中まで進めたのですが、メインの(add)ボタンでの処理までを改良しないとダメな事が分かり、またの機会にする(2.x系?)事にしました。


Amazon アソシエイト ECS 3.0 サービス終了のご案内

a-blog の標準機能にある amazon 商品を記事中に表示させる機能ですが、どうやら2008年3月31日で、内部で利用しているサービスのバージョンが利用できなくなってしまうようです。


いつからある機能か調べてみました。どうやら、2004年05月24日(月) にある「a-Blog 1.0b3 を公開」に「Amazon Webサービスのお試しもできるようになりました。」とあるので、正式版の1.0から持ってる機能のようです。


ECS 3.0 から 4.0 に移行する事で継続して利用できるようなので、aws.php をアップデートしないといけませんが、現在の仕様のままにするかは、要検討というところです。


今の仕様では、DB上に画像やリンク先のURLが書かれているので、今回のサービスが終了しても表示ができなくなるわけではありません。 ご安心下さい。 という事なんだけど、もし、今作るのなら、JavaScriptにamazonの商品のIDを渡すだけな感じにした方が、今の値段を表示させたり、いろいろな事ができそうな気がするので、ちょっとどうするべきか悩んでみます。ご意見があればコメント等でお知らせ下さい。


山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。