FlashのSEO対策

F's Garage:FlashのSEO対策 2008/07版GoogleにインデックスされやすいFlashコンテンツを制作するには | コリスOfficial Google Webmaster Central Blog: Improved Flash indexing と、FlashのSEO対策についてのエントリーを見つけたので書いてみる事にしました。


GoogleがSWFをインデックスできるようになってきているようですが、残念ながら、まだまだ使えるところまで来てない感じのようです。SWFのファイルの場合には、アニメーションである程度時間が経たないと表示されなかったり、そもそもボタンを押さないと出ないテキストもある事でしょう。Googleで検索してヒットしたもののサイトのトップにしかリンクされていないようなものです。これではアクセスしても欲しい情報が見つからないと思いませんか?


アップルップルでは、以下のようなコンテンツでSEO対策を行ったフルフラッシュのサイトを作った事があります。(今月も少し手を入れて新しいコンテンツが増える予定です)パッと見てもフラッシュで作られているサイトというくらいしか分からないとは思います。いろいろなページを見てもらうとパーマリンクが表示されている事が分かるかと思います。

例えば、以下のようなページがあります。



当然ですが、タイトルの内容のページが出てきます。もちろんFlashのコンテンツです。チェックしてもらいたいのはHTMLのソース部分です。Flashで表示されている内容がテキストで書かれている事が確認できるかと思います。これであれば、問題なくGoogleのロボットにインデックスされると思いませんか。


パーマリンクがあるだけでなく、RSSの情報も配信しています。 もちろんRSSリーダーからエントリーをクリックすると、そのページがFlashで表示されます。


アップルップルの仕事ですし、もちろんバックで動いているのは a-blog です。 ソースをチェックするのではなく、JavaScriptをオフにして頂くと、標準に近いカタチなページが出てくるかと思います。(同じURLでケータイでも出てきます)簡単に説明すると、ブログでHTMLを表示させ、その上にJavaScriptでFlashが動くブラウザであればFlashを表示させます。そのFlashからブログの情報が入っているDBの情報に問い合わせするためのプログラムにアクセスし、XMLを作ってもらいその情報からFlashコンテンツを表示させています。


FlashのSEO対策、そしてコンテンツを簡単に更新するための方法としてイイと思いませんか? もちろん、a-blog があれば出来るというものではないので、同様のサイトを作って欲しい!って事であれば、アップルップルまでご相談下さい。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

アップルップルの作るCMS 14年間の進化の歴史

2002年頃のサイト

独立記念日とa-blogの終了のお知らせ

IT活用セミナー「自分でできる簡単確実SEO施策」を開催

名古屋ではたらく社長のブログ

アップルップルのスタッフのブログを2つ紹介

a-blog から appleple CMS へ

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ