6ページ目 | カスタマイズ

a-blog HistoryLink プラグインを作ってみました

1年以上ブログを書いていないと意味がないのですが、同じ日に何を書いていたのかをすぐ見る事ができるリンクを生成できるようにしてみました。


なぜ作ってみようと思ったかというと、001-10年前の自分 - emptyhouse を読んで、長くブログを書いてる人にどんな機能があったら嬉しいかなぁって思って作ってみました。例えば、誕生日とか、結婚記念日とかに何を書いていたのかを読み返す事が簡単になりました。


そんな今日は、過去の何も書いてない日のようです。



例えば、上記のような感じになっています。 ()


とりあえず、プラグインで用意したので、正式版の機能にはなっていません。 ビジネス版でしか動作しないんです。 個人で欲しかったりしますよねぇ... 使ってみたい人が多いようであれば、搭載も検討します。お使いの a-blog からトラックバックとか使ってアピールしてくれると嬉しいです。


a blogの検索でカテゴリーを消す

あまりいないかもしれないけど、ココのブログのようにカテゴリーのプルダウンを消してしまう場合には、以下のように書いてください。


<form action="index.php" method="post"><input type="hidden" name="phpMyAdmin" value="JhzGC9Z7ShvbMVYJCn-d4181jAf" />
	<input type="hidden" name="cID" value="-1" />
	<input type="text" name="keyword" size="15" value="{keyword}" />
	<input type="submit" value="検索" />
</form>

config.system.php に $defaultCategoryID = 1; とか設定してあったりすると、この cID=-1 を送っておかないと検索できなくなってしまいます。 この事を、なかなか思い出せずに随分時間を使ってしまいました。


a-blogの記事中にカテゴリーIDを記述する方法

今日のお問い合わせに、記事中にカテゴリーIDを記述するにはどうすればいいか? という問い合わせがあったので、今日も書いておきます。


<!-- BEGIN news -->〜<!-- END news -->の中に記述して下さい。 {linkCategoryID} で カテゴリーのID(数字)を、{categoryCode} でカテゴリーの管理ページで設定できるカテゴリーコード(英数字)が編集されます。


例えば、以下のように書く事で、カテゴリーコードが設定してあるカテゴリーの時だけアイコンを表示させたりという事ができるんじゃないかと思います。


<!-- BEGIN categoryCode -->
<img src="images/{categoryCode}.gif">
<!-- END categoryCode -->

また、記事毎に背景を設定する際には、以下のように index.tpl.html や news.tpl.html を書いてみるのもいいかもしれません。


<div class="{newsBox} {categoryCode}">

(いろいろ)

</div>

a-blogのPING機能は利用していますか?

Twitter で PING の話が出ていて、古くから a-blog を利用している人で新しいPING機能について知らなかった事もあり、書いておく事にしました。


1.60 から PING機能が使いやすくなっています。 以前のバージョンでは、記事の更新フォームの下に以下のようにチェックボックスを表示させ、この記事を更新したよ!って事を PING するという仕様でした。



「a-blogのPING機能は利用していますか?」の続きを読む

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。