a-blog cms で Tweet の引用をブログにお手軽に実装する方法

https://publish.twitter.com/ を一度ご確認ください。上記のようなサイトがあります。以前は Twitter の Widgets が設定画面にあって、そこでコードをコピペするような感じで提供されていたが、いつの日か無くなってしまっていたと思っていたのですが、いつの間にか復活しておりました。



機能としては、Embedded Tweet / Embedded Timeline / Twitter Buttons の3種類が用意されています。 Buttons はクリックすると 5種類あるみたいですが、今回は全く確認していない。 Timeline も便利に使えそうではあるが、今回は Embedded Tweet のお話です。

a-blog cms の標準的な引用ユニット


blogテーマでは、デフォルトは表示されていないが「引用ユニット」をオンにすると以下のように URL を設定できるようになっている。そこで、https://www.a-blogcms.jp を設定すると、そのページの OGP情報を取得して表示してくれる便利な機能だ。


a-blog cms のテキストユニットでの引用


一般的なテキストの引用については、こんな感じで書くと <blockquote> 〜 </blockquote> のタグで囲まれた文章となる。

さらに脱線気味に cite属性を追加する方法

管理画面 / コンフィグ / エントリー / 編集設定 / テキストタグセレクト の3つ目の入力欄に「引用元URL」と設定します。


上記の設定を行うと以下ような感じで引用元URLを設定できるユニットに進化します。


あとは blog/include/unit.html@section(text-unit) を持ってきて blockquoteブロック をカスタマイズします。3つ目の入力欄の変数は {extend_tag} となっています。

<!-- BEGIN blockquote -->
<div class="entry-container">
<blockquote{class}<!-- BEGIN_IF [{extend_tag}/nem] --> cite="{extend_tag}"<!-- END_IF -->>
{text}[raw|nl2br]</blockquote></div><!-- END blockquote -->

本題の引用ユニットに Embedded Tweet 機能を追加

例えば https://twitter.com/ndrf_kazumich/status/1510118505139798019https://publish.twitter.com/ に設定します。

<blockquote class="twitter-tweet">
<p lang="ja" dir="ltr">今日は朝早起きしたので、a-backup を作り直している。処理を簡単にして短い時間で処理が完了できるようにすることを第一の目標とし、2つ目の目標として設定項目を減らして簡単に使えるようにする。テーマの設定を DB を確認して出来るようになった。 
<a href="https://t.co/5IFYxsPJDq">pic.twitter.com/5IFYxsPJDq</a></p>&mdash; 山本一道@アップルップル (@kazumich) <a href="https://twitter.com/kazumich/status/1601727082824105985?ref_src=twsrc%5Etfw">December 10, 2022</a>
</blockquote> 
<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

こんな事が書ければ OK な事がわかります。

実は blog テーマは、https://platform.twitter.com/widgets.js が最初から読み込まれているので、<script> タグは消しても動作します。

オリジナルテーマで実装する際には widgets.js が必要になります。必要な時に読み込むようにカスタマイズするには「SetRendered と GET_Rendered を活用した「円グラフのカスタムユニット」を作ってみよう」を参考にしてください。

徐々に情報を減らして動くかを調べてみたところ、class="twitter-tweet" の中の <a> の href 属性に Twitter の URL があるだけで動作する事がわかりました。

テンプレートをカスタマイズしていきます

blog/include/unit.html には最初から @section(quote-unit) がカスタマイズして設置されていました。そこの一部が以下のように書かれています。

(略)
<!-- BEGIN html:veil -->
 {quote_html}[raw]
<!-- END html:veil -->
<!-- BEGIN_IF [{quote_title}/nem/] -->
<blockquote class="quote">
(略)

<-- END html:veil --> の後ある IFブロックを少し修正し、以下のようにします。

(略)
<!-- BEGIN html:veil -->
 {quote_html}[raw]
<!-- END html:veil -->
<!-- BEGIN_IF [{quote_url}/lk/twitter.com] -->
 <blockquote class="twitter-tweet">
  <a href="{quote_url}">Tweet内容をtwitter.comで確認する</a>
 </blockquote>
<!-- ELSE_IF [{quote_title}/nem/] -->
<blockquote class="quote">
(略)

<blockquote>タグclass="twitter-tweet" をつけ、その中の <a>タグ に Tweet の URL を設定するだけOKです。


と設定すれば、以下のような感じになります。


引用機能の隠れた機能?

ローカルでテストしつつ、このブログにも実装しておこう!って作業をしたらこの設定をしないでも、引用ユニットに Twitter の URL を設定するだけで同じものが表示されてしまいました。

コンフィグの設定で Twitter API を設定すると OGP の代わりに、今回の https://publish.twitter.com/ の結果と同じタグを twitter.com から API 経由で持ってきてくれることを忘れておりました。これも、せっかくなのでお伝えしておきます。


a-blog cms の TimePicker をアナログ時計UI にする方法

これは a-blog cms Advent Calendar 2022 4日目の記事です。

a-blog cms の標準の時刻を設定する UI については、以下のような Flatpickr というライブラリを利用しています。 直接 input 要素の入力欄にキーボードから時刻を入れることもできますがマウスクリックで数値の増減をしようとすると随分小さなボタンをクリックする必要が出てきます。


そんな事から Flatpickr 以外の JavaScript ライブラリを探してみる事にし、 Google で timepickerで画像検索 してみるとイロイロな UI を見つける事ができます。


2016年のブログの記事になりますが より直感的な時間入力のUIを考える | UX MILK の中で ClockPicker が紹介されていますが、9年前で更新が止まっていることから似たものを探し、最終的には jquery-clock-timepicker.js にたどり着きました。

Android の時間入力 UI も同様の時計なのを、今回の実装後に知りました。

a-blog cms の管理画面に実装する

利用するライブラリが決まったことから、a-blog cms の中に実装をしていきます。

エントリーの時刻入力フォーム部分になりますので、system/admin/entry/entry.html を複製して利用しているテーマにコピーをします。

このファイル自身は @extends("/admin/_layouts/entry/edit.html") と書かれているファイルなので実体は別のところですね。新規と修正の @section を修正する必要があるのも注意が必要です。

@section("apply-date")
*省略*
<input type="text" name="time" value="%{NOW_TIME}" size="12" id="entryTime" class="acms-admin-form-width-full js-timepicker">
*省略*
@endsection

@section("reapply-date")
*省略*
<input type="text" name="time" value="{time}" size="12" id="entryTime" class="acms-admin-form-width-full js-timepicker">
*省略*
@endsection

class="js-timepicker" となっている部分を、今回 class="js-clockpicker" に修正する事にします。 あとは、jquery-clock-timepicker.js を読み込む必要がありますが、今回は管理画面の中だけで大丈夫なので admin/entry/field.html の中で読み込む事で対応します。

<script src="/js/jquery-clock-timepicker.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
  $(document).ready(function() {
  $('.js-clockpicker').clockTimePicker({autosize:true,popupWidthOnDesktop:300});
});
</script>

スタイルを少し調整しないと今の時刻を設定するボタンが離れてしまっているので


admin/entry/field.html に CSS の調整を追加します。

<style>
.entryFormTable .entryFormDateBlock {
    width: 130px;
}
</style>

アナログ時計UI の実装後

9:00 の 9 をクリックすると時間側の UI が表示されます。


その後、分 の UI に切り替わります。また、INPUT 要素の 分 をクリックすると、こちらが表示されるようになっています。


今回の実装で行ったものを以下からダウンロードできるようにしていますので、blog テーマであれば入れるだけ、それ以外は参考にしてもらえば簡単に実装できる事でしょう。


12KB

おまけ1: ブラウザにお任せする

デフォルトの管理画面のコードでは input type="text" name="time" となっておりますが、input type="time" name="time" とし、class の設定から js-timepicker などを消す事でブラウザにお任せする事ができます。


上は Mac の Chrome のキャプチャになります。Edge も同様の UI が出てきます。 残念ながら Mac の Safari は未対応でしたが、iOS の Safari は以下のように対応されているようです。


ブラウザでサポートしているような時には、JavaScript のライブラリを動かさないようにするように今後は検討していく必要がありそうです。

おまけ2:他のエントリー投稿フォームの UI のカスタマイズ

私の個人ブログには、エントリー管理画面のカスタマイズについて a-blog cms 2.10 エントリーのタグ入力画面を元に戻す方法 も紹介していますので、あわせてご覧ください。



エントリーコードから %{CUSTOM_USER_ID} を作るカスタムグローバル変数の作り方

現在の a-blog cms で、あるユーザーが書いた記事を表示させようと思った時、例えば uid が 10 のエントリーを表示させる際には以下のように書きます。

https://www.domain.com/uid/10

でも、 どちらかと言えば数値で表現するのではなく、以下のような URL で表現したいと思うのではないかと思います。

https://www.domain.com/user/usercode.html 

残念ながら現在の a-blog cms の URLコンテキストには user が用意されておりません。この URLコンテキストの修正は影響範囲が大きいので、なかなか追加することが難しい状況です。追加することで user がブログやカテゴリーで利用できないことになりバージョンアップ動かなくなるサイトが出てしまうからです。

でも、なんとかしたい!という要望をクリアするため「ユーザーコード+".html"」からユーザーの情報や、ユーザーの書いたエントリーの情報などを表示できるような実装を考えてみます。

最終的には、ユーザー情報だけでは無理っぽく、カテゴリーやエントリーを作ったりする必要があるので、スマートではありません。ゴメンナサイ。

カスタムグローバル変数

まずはオリジナルのグローバル変数を作ります。オリジナルグローバル変数の作成についてはサポート対象外ではありますが、 extension/acms/Hook.php function extendsGlobalVars を以下のような感じで書いてください。

public function extendsGlobalVars(&$globalVars)
{
    if (EID) {
        $ecd = \ACMS_RAM::entryCode(EID);
        list($ucd) = explode('.', $ecd);

        if ($ucd) {
            $sql = \SQL::newSelect('user');
            $sql->addSelect('user_id');
            $sql->addWhereOpr('user_code', $ucd);
            $sql->addWhereOpr('user_pass', '', '<>');
            $sql->addWhereOpr('user_blog_id', BID);
            $sql->addWhereOpr('user_status', 'open');
            if ($uid = \DB::query($sql->get(dsn()), 'one')) {
                $globalVars->set('CUSTOM_USER_ID', $uid);
            }
        }
    }
}

これにより %{CUSTOM_USER_ID} で UID が扱えるようになります。

config.server.php を設定

extension/acms/Hook.php をカスタマイズしている場合には、config.server.php の HOOK_ENABLE1 に設定します。

define('HOOK_ENABLE', 1);

モジュールID の設定で %{CUSTOM_USER_ID} を利用する

モジュールとしては、Entry_Summary とか User_Search など uid で情報を取得するようなモジュールを選択します。

モジュールID の条件設定の引数の鉛筆マークをクリックすると入力フォームが表示されます。ここにはユーザーIDを数値で設定したり、グローバル変数を設定ができます。そこに今回の %{CUSTOM_USER_ID} を入力します。



最後に /user/usercode.html を表示できるようにするには

ちょっと、最初にも書きましたが、無理矢理でゴメンナサイ。

/user/ はカテゴリー で、usercode.html はエントリー を作ります。こうすることで、/利用しているテーマ/user/_entry.html のテンプレートが表示できるようになります。

こうすることで、/利用しているテーマ/user/index.html で表示したいユーザーの一覧ページもできます。

ユーザーが管理画面上で usercode を書き換えると、エントリーコードと紐付かないことになりますので注意が必要です。

不特定多数のユーザーがいるようなサイトではなく、ユーザーを作った時点で手動でエントリーも作れるような規模の案件であれば使えるのではないかと思います。いかがでしょうか。


a-blog cms で A/B テストできる環境を考えてみる その1

7/13 に GA タグを消してしまって情報が取れてない残念なキャプチャ


a-blog cms には Cookie の値を利用してテーマを切り替えることができます。その機能を活用の1つとして、A/Bテストができる環境を作ってみる事を考えてみたいと思います。

タイトルに「その1」というのがついているのは、今回は A と B を設定するところまでで、どうやって結果を知るのがいいのかは次回に続く事になります。「その2」については、いろいろな方法があるような気がしますので、このエントリーに続く「その2」を提案をブログに書いてくれる人がいると嬉しいです。


続きを読む

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ