一緒に出掛ける事ができるUSBディスプレイ

今年の1月には バスパワーで動作するUSB接続の15.6インチの液晶ディスプレイ というエントリーを書いているが、その時点では他の選択肢が無い状態でしたが、今なら他にもイロイロ選べるようになってきています。上記の写真にある グリーンハウス GH-USD16K は足の部分が邪魔で、もう少しコンパクトになるのが欲しいという事で他のモノを探してみる事にします。

タッチパネル機能搭載 USB接続 10.1型液晶ディスプレイ LCD-USB10XB-T


解像度が 1024×600 と少し小さいが、実際のディスプレイ自体が10インチという事もあるので、ちょうどいいくらいかもしれない。今回紹介する製品の中で唯一、タッチパネル機能搭載という事になる。(10.7は除くと書いてあるので注意が必要です)

amazon価格:12,959円

I-O DATA タッチパネル機能搭載 USB接続 10.1型液晶ディスプレイ LCD-USB10XB-T


### USB接続 10.1型液晶ディスプレイ plus one(LCD-10000U)

10インチだが、解像度が 1,366×768 の解像度があるのがいい。そのかわりに文字が小さく表示される事になるが、それでもいいという方にはオススメかもしれない。

amazon価格:14,038円

センチュリー 10.1インチUSB接続サブモニター PLUS ONE LCD-10000U


アナログRGB 10.1型液晶ディスプレイ plus one(LCD-10000V)


USB接続のディスプレイを紹介しているが、コレも忘れてはいけないモノかと思います。基本は上記 LCD-10000U と同等の製品ですがUSBバスパワー電力供給という特徴を持っています。専用のドライバーも必要無いですしケーブルが1本増えますが、実はコレが一番便利かもしれません。

amazon価格:14,038円(今日の段階では在庫が無いようです)

センチュリー plus one VGA 10.1インチ液晶アナログRGBモニター LCD-10000V


14型液晶ディスプレイ ThinkVision LT1421 Wide


画面が大きい方がいいという方には、これがいいかもしれません。解像度は 1366x768 ですので、文字も見やすいのではないかと思います。作業用の画面を広くという事ではなく、プレゼン用という事であれば画面は大きい方がいいでしょう。

amazon価格:18,519円

1452DB6 ThinkVision LT1421 Wide モニター


15.6型 USB接続 ディスプレイ GH-USD16K


大きいのがいい!という事になると、一番大きな 15.6インチのこちらになります。これを半年以上使っていますが、鞄に入れて自転車でお客様のところで打ち合わせ時に使うような事を何度もしていますが、とても好評です。

amazon価格:14,891円

グリーンハウス 15.6型 USB接続 サブディスプレイ ブラック GH-USD16K


注意事項


今のところ Apple Keynote を利用して発表者をMacBookのディスプレイにして、GH-USD16K にプレゼンのスライドを表示させようとすると以下のようなエラーが出てしまって使えませんでした。ミラーリングも表示できません。今のところの対策としては、Keynoteの環境設定 > スライドショー > 主ディスプレイにプレゼンテーションを表示 を選択する事で、MacBook側に Keynote のプレゼン内容を表示させ、USBディスプレイに発表者メモとかを表示するような変な利用になってしまいます。



現状の BEST BUY は?

私の個人的な意見になりますが、Keynote で客先で対面でプレゼンをしたい!という事であれば、アナログ接続+USB給電のLCD-10000V という事になるのではないかと思います。そういう事はあまり関係ない作業用という事なら、ThinkVision LT1421 Wide が文字も読みやすくいいのではないかと思います。

ディスプレイの値段も随分安くなって同じ費用で大きなディスプレイが買えますが、持って歩けるディスプレイもホントにお勧めです。


コメント

山本一道

山本 一道

有限会社アップルップル

名古屋のホームページ制作会社「有限会社アップルップル」の代表をしています。弊社で開発しているCMS「a-blog cms」や、名古屋の「WCAN」という名古屋のWeb制作者のためのセミナーの主催や、コワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」も始めました。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド

実践! コンテンツファーストのWebサイト運用  a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

2016年6月30日に株式会社ボーンデジタル様より「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」が発売されました。