a-blog cms のソースコードを一部 github で公開しました

随分前から予定をしていた GETモジュールのソースを公開 するってところを、3周年というタイミングで実施しました。弊社のような a-blog cms をヘビーに使うようなところでも、なかなかモジュール自体に手を入れるようなカスタマイズをする事はないのですが、しかし、できた方が嬉しい!って人も一定数はいらっしゃると思います。

a-blog cms 公開ソースコード

配布パッケージで暗号化されて提供されているソースコードの一部を公開しています。モジュールやライブラリを独自に開発したり、一部の挙動を変更・修正したりする際の参考としてご利用ください。

公開中のファイル

現在のソースコードはv1.5.2時点で、以下のファイルが公開されています。

基本ライブラリ

  • php/DB.php
  • php/Field.php
  • php/Mail.php
  • php/SQL.php
  • php/Template.php

a-blog cms 依存ライブラリ

  • php/ACMS/User以下
  • php/ACMS/GET以下(AdminとShopを除く)
  • php/ACMS/Services以下
  • php/ACMS/Services.php
  • php/ACMS/Corrector.php
  • php/ACMS/Filter.php
  • php/ACMS/GET.php
  • php/ACMS/RAM.php
  • php/ACMS/Validator.php

お願い

これらのソースコードを元に、モジュールなどのプログラムを新規に開発する場合は、独自のユニークな命名(プリフィックスを付けるなど)をしてください。これは、ユーザーサポート等のシーンで、アップルップルが開発したソフトウェアと、それ以外で開発されたソフトウェアを明確に区別するためです。

利用条件

これらのソースコードの利用について*a-blog cmsと関連した用途である限り*は、複製・編集・再配布および販売することを無償で許可しています。ただし、オリジナルの著作権表示を残すこと、利用許諾を同梱することをお願いしています。その他、詳細な条件は LICENSE をご覧ください。利用許諾についてのご意見や、その他ご不明な点・疑問点などがあれば、 info@appleple.com までぜひお問い合わせください。

また、これにあわせて、ACMS_User_Hook(フック処理の拡張)という事も可能になるようなバージョン(1.5.2)を本日リリースしております。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

a-blog cms 2.10 エントリーのタグ入力画面を元に戻す方法

a-blog cms で A/B テストできる環境を考えてみる その1

a-blog cms の画像ユニットのスタイルとマージンの調整を可能にしてみる

site2014のテーマをマルチブログ化する際に大事なのはテーマの継承とモジュールIDのグローバル化

a-blog cms 2.xのダッシュボード内に管理者用リンク集を設置する

a-blog cms 2.0 の動的フォームを利用するには

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ