CSS3のcolumnを利用してa-blog cmsで段組をサポートする

エントリーの本文部分を段組したいという事があった場合の a-blog cms のカスタマイズメモです。

例えば、以下のような感じ

2段組

3段組



どのように実装するかというと

管理ページ > コンフィグ > 編集設定 > テキストタグセレクト に、以下のような設定を追加します。


次に、/include/column.html (vicunaのテーマのみ /include/unit.html)の の下くらいに以下のような記述を追加します。

 <!-- BEGIN column2 -->
 <div class="column2">{text}[markdown]</div>
 <!-- END column2 -->
 <!-- BEGIN column3 -->
 <div class="column3">{text}[markdown]</div>
 <!-- END column3 -->

また、CSSのどこかに

  div.column2 {
    column-count: 2;
    column-gap: 20px;
    -moz-column-count: 2;
    -moz-column-gap: 20px;
    -webkit-column-count: 2;
    -webkit-column-gap: 20px;
 }

  div.column3 {
    column-count: 3;
    column-gap: 20px;
    -moz-column-count: 3;
    -moz-column-gap: 20px;
    -webkit-column-count: 3;
    -webkit-column-gap: 20px;
 }

を追加します。

更新用のフォームを表示させると、段落や見出しの選択する欄に2カラムや3カラムというものが表示されるようになります。


このように、標準のシステムのままテンプレートのカスタマイズの範囲でいろいろな事ができるのが、a-blog cms の良さですね。 他にも頑張れば、amazon ってのも作る事ができそうな気がしてきました。 続編をお楽しみに!


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

a-blog cms 2.10 エントリーのタグ入力画面を元に戻す方法

a-blog cms で A/B テストできる環境を考えてみる その1

a-blog cms の画像ユニットのスタイルとマージンの調整を可能にしてみる

site2014のテーマをマルチブログ化する際に大事なのはテーマの継承とモジュールIDのグローバル化

a-blog cms 2.xのダッシュボード内に管理者用リンク集を設置する

a-blog cms 2.0 の動的フォームを利用するには

最新記事

アーカイブ

ハッシュタグ